北欧家具で北欧生活

素敵な北欧の家具・インテリア・雑貨・アンティークなど

北欧家具は今のインテリアブームで大きな脚光を浴びています。

モダンでスタイリッシュなデザインが多いためか
北欧家具は最近のものと思っている方もいるようですが
長い歴史も持っています。


北欧デザインの成り立ちが
どのように派生したのか
経緯を説明してみましょう。


20世紀以前のヨーロッパでは
華美で重厚なイメージのものが主流でした。

しかし、時代が下るにつれ
機能的で使いやすいデザインが受け入れられるようになり
徐々にシンプルな家具が定番となってきたのです。


北欧家具の歴史にはバウハウスの登場も重要です。

バウハウスは1919年ドイツで開校した美術と建築の総合教育機関で
モダニズム建築に多大な影響を与えた学校です。

北欧デザインはその薫陶を受けたもので
家具などのインテリア分野にも
優れたデザインがたくさん発表されました。

そして50年代にはハンス・J・ウェグナーらを始めとする
家具デザイナーが次々と新しい作品を発表しています。

21世紀の現在、これらの北欧家具の素晴らしさは全く色褪せず
モダンなインテリアには欠かせない存在でしょう。

北欧家具の愛好家は世界中におり
今も高いデザイン性で多くの方からの注目を集めています。

日本にも50年代に輸入され始めた当初からの
熱心なファンがいるとされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に